コンテンツ

給湯器が水漏れした時の故障かどうかの判断ポイント

お風呂やキッチンなどで使用する給湯器ですが、突然給湯器 水漏れが起こってしまったらとても驚いてしまいます。給湯器は水だけでなくガスも一緒に使用するため、正常な場所以外からの水漏れは不完全燃焼を起こし危険です。放置することで自宅が水浸しになってしまうこともあるため気づいた時点ですぐに対応することが望ましいです。しかし、故障かどうかの判断は分かりにくく、知識がないと難しいです。そこで今回は給湯器が水漏れした際、故障かどうかを判断するためのポイントをご紹介します。

■すぐに修理が必要な故障状態とは

給湯器 水漏れが起こった時にまず行うことは、どこから水が漏れているのかを調べることです。給湯器内部からであれば故障ですので止水栓などを使ってすぐに水を止めましょう。漏電の危険があるのでコンセントを抜いたり、電池タイプであれば外しておくと安心です。給湯器内部のパッキンや、部品が劣化で水漏れしている可能性があるのでむやみに自分で分解せず業者に依頼することをおすすめします。
ホースなどから水が漏れている時も故障になります。劣化や凍結などによって亀裂が入ってしまったための故障ですので交換することで直すことができます。

■水漏れしているのに故障ではない状態とは

給湯器 水漏れが起こっていても故障ではない場合もあります。それは水抜き栓からの水漏れになります。これは給湯器内部の圧が上がりすぎないよう、内部の水を抜くことで圧を下げて調節し、安全に使用するための装置です。この場所から水が出ている時は大丈夫です。
水抜き栓からポタポタと水が出続けている時は、水抜き栓にゴミが溜まっていてうまく水が出ない状態です。栓を取り外して掃除することで詰まりを直すことができます。水抜き栓から大量の水が出続けている時は故障になりますので業者に連絡しましょう。一時的なものであれば問題ありません。

■まとめ
給湯器 水漏れが起こってしまうととても焦ってしまいますが、まずは落ち着いて水が漏れている場所を探すようにしましょう。場所が分かるだけで故障かどうかの判断がしやすくなりますし、対応もすぐにできるようになります。水抜き栓からの場合は異常ではないことが多いので様子をみて長時間漏れているようであれば業者します。業者によっては症状を相談できる窓口がありますので、不安な方は問い合わせてみるのがおすすめです。ホームページからメールや電話で対応してもらうことができるようになっています。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ