コンテンツ

給湯器が水漏れする原因とは

給湯器の寿命は一般的に7から10年程度が目安と言われています。正しい使い方をしていても劣化してしまうことで水漏れが起こってしまいますし、誤った使い方をすれば水漏れだけでなく故障の原因となります。水漏れが起こってしまう原因はいくつかありますが、その点に注意するだけで防ぐことができることもあります。そこで水漏れが起こってしまい困っている方だけでなく、給湯器の水漏れを防ぎたい方の参考になるようポイントを絞ってご紹介します。ある程度知識を持っておくだけで修理依頼もしやすくなるでしょう。

■部品の劣化が原因

給湯器の水漏れ原因で多いことは部品の劣化です。水道の蛇口のように給湯器にもゴム製のパッキンや金属のネジが使用されています。長期間使用することでこれらの部品が損傷し、正常に水を止められなくなることで問題が発生してしまいます。
使用年数が長い給湯器で起こったときは部品の劣化が原因の一つと考えましょう。10年程度使用しているものは部品がなくなって修理できない場合や、他の部品も今現在は故障していなくても劣化していることがありますので業者に相談してみると安心です。給湯器を設置してすぐに起こってしまう場合は、取り付けが不十分だった可能性があるため部品の故障でない場合が多いです。

■冬の水漏れは凍結が原因

給湯器の水漏れは冬に起こりやすいです。このような原因は、配管の中に残っていた水が凍って凍結してしまい膨張することでホースに亀裂が入ってしまうためです。配管の中の水が溶けていくと、亀裂が入った部分から一気に水が漏れてしまいます。北海道や東北地方など寒い地域に起こりやすいと思われる人もいますが、寒い地域では給湯器が寒冷地仕様になっているため起こりにくいです。関東など比較的暖かい地域は寒冷地仕様になっていないため、気温が零度以下に下がってしまうと起こりやすくなります。寒くなりそうな日や、長期間使用しないときは配管内の水をしっかり抜いておくことで破裂を防ぐことができます。

■まとめ
給湯器の水漏れはいくつか原因がありますが、原因がわかることで事前に予防することができます。給湯器の使用年数や、天候などに応じて対応することで水漏れを防ぐことができるでしょう。水抜きの仕方が分からない時は取り扱い説明書に記載してあるだけでなく、インターネット上で動画説明もしています。心配な方はお客様センターなどに問い合わせても確認することができますので試してみて下さい。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ