コンテンツ

給湯器の交換時期とは?水漏れは要注意

給湯器が突然水漏れなどで故障してしまったら日常生活が不便になりとても困ってしまいます。修理することができる状態であればすぐに直すことも可能かもしれませんが、長期間使用しているものは最悪の場合交換になってしまうため、製品の取り寄せなどで時間がかかってしまいます。このような状態を防ぐために今回は給湯器の最適な交換時期についてご紹介します。

■給湯器の交換が必要な時期とは

給湯器の寿命は10年程度と言われています。ただし家族の人数が多い家庭や、よく使用している場合は10年より前に故障してしまうことがあるためあくまで目安になります。その中で多い故障は水漏れですが、部品を変えることで直すことができます。しかしメーカーは10年程度で部品の製造を中止してしまうため、10年を超えるものに関しては部品がないケースがあります。このような場合は修理することができずにすぐ変えなければいけません。
内部にはパッキンなどの部品が多く使用されていますが、10年程度使用しているものは部品全てが劣化しているため直してもどんどん他の場所が故障する可能性が高いです。修理回数が増えることで、費用も多くかかってしまうので使用期間で給湯器 交換するのかを判断するといいでしょう。

■給湯器の交換が必要な症状とは

給湯器 交換を検討している方は使用年数以外にも気になる症状があることが多いです。その中で交換が必要な症状は給湯温度を一定に保てないことです。お風呂やキッチンが分かりやすいのですが、お湯が暖かくなったり、冷たくなったりします。水漏れや、着火音が普段よりも音が大きくなっている時も要注意です。ガスを使用しているためこのような症状が出たときは早めに修理業者へ連絡する必要があります。煙が出ている時も危険ですのですぐに対応しましょう。このような症状が出ていて、使用年数が経過しているものは交換を検討した方が急に使用できなくなるトラブルを避けることができるだけでなく、危険も避けることができるのでおすすめです。

■まとめ
給湯器 交換が必要な時期や目安となる症状を知っておくことで良いタイミングで交換することができます。使用年数が10年未満のものでも、7年以上経過しているものは業者と相談し、水漏れの場所や症状を見ながら検討することがおすすめです。使用年数が分からない時は、給湯器の側面に製造年月日が印刷されているので、そちらを確認すると年数を知ることができます。どちらにするか迷っている時は両方できる業者を選ぶと安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ